子供の為に塾を経営するならフランチャイズで始めよう

女の人

外資法人と内資法人の違い

握手

インドネシアでの会社設立は外資法人か内資法人かによって費用が違ってきます。外資100パーセントで摂理するのが外資法人ですが、最低払込資本金は約2500万円が必要です。内資法人は登記する時にインドネシア国籍の2人を必要としますが、最低払込資本金は約12万円で済みます。外資規制を避けるなら内資法人です。

経営を軌道に乗せるために

勉強

場所選びなどの検討を

少子化が進んでいる一方で、親が子供にかける教育費の額は年々増えています。わが子をより良い大学へ通わせたいと考える親が多いため、学習塾で開業するのは成功しやすいと言えるでしょう。特にフランチャイズであれば、低資金での開業が可能です。正しい手順を踏んで、フランチャイズによる塾経営の成功を目指しましょう。学習塾を成功させるためには、ターゲットを見極めることが重要です。ターゲットとは塾を利用してもらう生徒さんのことで、中学受験を目指す小学生を対象にするのか、それとも大学受験を目指す高校生を対象にするのかといったことです。地域の学生の傾向や、学校の種類などから最適なターゲットを選択します。次に立地について検討します。子供が多く住んでいる地域であれば、利用が期待できます。団地やアパートのように、住んでいる人が多い地域なら新しい子供の流入も期待できるでしょう。住宅が多く、人の出入りがありそうな地域を選んでおくと失敗がありません。アクセスのしやすさも考慮します。夜、真っ暗になる場所より、明るくて車などによるアクセスがしやすい場所がおすすめです。スムーズな経営が実現できるかどうかは、良いフランチャイズを選べるかにかかっています。大手の学習塾フランチャイズはたくさんありますが、それぞれ特徴が違います。重視すべきはロイヤリティの額に加え、サポートの手厚さです。初めて経営する場合わからないことも多く戸惑いがちですが、充実したサポートが受けられるのであれば開業もうまく行きます。

訪日旅行者の消費動向

旅行者

インバウンド消費は2016年を境にピークアウトしており、今後2020年の東京オリンピックまでに期待されるインバウンド需要は、日本独特のサービスや特徴、信頼性の高さなどに注目が集まります。価格よりも質にこだわった戦略を立てると良いでしょう。

メリットは一部の事業

背広の人

香港は税金が安いことや多くの非課税項目があるなど日本の法人税の高騰化の対策として会社設立が行われることが多くなっています。しかし事業によっては、意味がないこともありますので、ビジネス内容によって検討することが大事です。