子供の為に塾を経営するならフランチャイズで始めよう

男性

メリットは一部の事業

背広の人

メリットになる事業

日本の法人税の負担は年々増加しています。税収が厳しい日本では法人からの税金をあてにしている事情もあります。そのため、日本国内で売上を上げるビジネスの場合には、仕方ありませんが、ビジネスや事業の内容によっては日本を経由せずに香港を利用することで税金対策を行い収益を上げることができるのです。そのため香港での会社設立が話題になっています。法人税は、16.5パーセントと日本とはくらべものにならない安さになっています。他にも非課税になる名目も多く、送金などに使われる手数料も安くなっています。貿易関連など日本を経由したビジネスを行う必要がない事業に関しては香港を拠点に行う事で更に収益を高めることができるようになるのです。しかしどの事業でも香港に会社設立すれば収益拡大につながるというわけではありません。最近では東南アジアなどで活発になっている製造業などは人件費や設備投資費などがかかるため、香港での会社設立はコスト高になってしまいます。また、日本で既に売り上げを上げているものに関しては日本の法律の下、税金を納める義務が発生しますので、これも香港への会社設立は意味がありません。しかし日本と同じビジネスを現地で行うのであれば、その分に関して税金が削減されますが、ビジネスの需要は別問題になります。貿易や金融関連など場所を問わずにビジネスを行う事ができる事業に関しては香港を活用することによって大きなメリットを生み出すことができるのです。