子供の為に塾を経営するならフランチャイズで始めよう

男性

訪日旅行者の消費動向

旅行者

販売の戦略

2015年に訪日外国人旅行者が増え、2016年にはピークを迎えました。このことがインバウンド消費を高め、大手家電量販店や百貨店、ディスカウントストアなどは、訪日外国人客に向けた商品ラインアップを行い、インバウンド消費に備えることとなりました。しかし現在、訪日外国人の数もピークアウトしており、販売もやや鈍化していいます。また、訪日外国人の大半が中国人観光客です。中国経済は2016年がバブル経済のピークで、これもすでにピークアウトしており、徐々に観光客も減っています。観光ピーク時に訪日していた中国人観光客の多くは、中流階級以下と言われております。ピークアウトした現在は中流以上の観光客が増えつつあり、2020年までのその傾向は徐々に高まると言われています。ここ数年で急成長した中国経済ですが、1970年代の高度成長期の日本人同様、ブランド意識が高く、高額でも性能やネームバリューの高さにこだわる人が多くいます。また、付加価値を求める傾向が強いです。成長しきった日本では、生産レベルが高いため、家電等では一流メーカーでなくともそこそこの質を保つことができます。中国の場合は、国内販売される自動車や精密機械のほとんどは海外製となっているようです。中国国内での金融経済が活況な中、富裕層は日本製への質と信頼にお金を出します。中国人富裕層に好まれる商品構成が今後のインバウンド消費対策となるでしょう。インバウンド消費はオリンピックイヤーの2020年まで続きます。どの企業も、商品戦略に余念がありませんが、価格ではなく質にこだわった販売をすれば安定した利益が確保できるでしょう。