子供の為に塾を経営するならフランチャイズで始めよう

男性

外資法人と内資法人の違い

握手

最低払込資本金が必要

新規に会社設立する時には資金が必要です。登記に必要な資本金の他にも色々な準備金がかかります。国内で会社設立する場合は色々な情報を得やすいので事前に準備しやすいですが、海外で会社設立する時は専門のコンサルタント会社などに相談をするとスムーズに進みます。東南アジアへ進出する企業が多いですが、最も人気なのがインドネシアです。人口が多く、市場が大きいからです。中国よりも親日国家なので、安心して起業できます。インドネシアで会社設立する時に必要な費用は、会社の形態によって違ってきます。外資法人、内資法人、駐在事務所、支店の4つに分けられます。この中で支店というのは、インドネシアでは金融業と保険業などの特定業種に限られるので除外します。外資法人を設立するためには日本円で約2500万円の最低払込資本金が必要になります。内資法人の場合は約12万円、駐在員事務所はゼロ円になります。外資法人というのはインドネシア以外の外国資本で会社設立する場合です。ただしネガティブリストに抵触する業種は会社設立ができないのです。それに比べて内資法人は法人登記の時にインドネシア国籍の名義人を2人必要とします。その代わりネガティブリストによる外資規制を避けることができます。しかも最低払込資本金が12万円と安いので、初期投資を抑えるには適しています。これからインドネシアに会社設立する場合はネガティブリストに該当するかどうかを調べ、現地のコンサルタントと協力して進めることが大切です。